平成30年(2018年)確定申告の注意点4 医療費控除について

いよいよ平成30年分の確定申告が始まります。
今回の確定申告の注意点となるところを数日にわたりご紹介いたします。

医療費控除について

医療費控除について

  1. 領収書の提出は不要です。
  2. 明細書(集計表)の提出が必要です。
  3. セルフメディケーション税制をご存じですか?

出典:国税庁

通常の医療費控除

〇医療費控除の申告において、医療費の領収書の提出は不要です。自宅で5年間保存しておいてください。

〇代わりに、医療費控除の明細書(集計表)提出が必要です。

〇健康保険組合等から医療費通知※の交付を受けている方は、これを提出することにより、この通知に記載された事項について医療費控除の明細書記載を省略できます。
※「医療費通知」とは、「医療費にお知らせ」のうち、病院の名称や医療費の額など標準事項が記載されたものをいいます。

セルフメディケーション税制

〇特定の医薬品を購入した場合の医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)が創設されています。

セルフメディケーション税制の対象となる医薬品には、次の共通識別マークが表示されていますのでご確認ください。


いかがでしたでしょうか?
必要となる資料・書類などは早めに集めておいた方が良いですね。
ご不明な点や申告で心配事がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

関連記事

  1. 平成30年(2018年)確定申告の注意点2 スマホ×確定申告 スマート…

  2. 平成30年(2018年)確定申告の注意点6 住宅ローン控除の誤り等にご…

  3. 平成30年(2018年)確定申告の注意点3 マイナンバーの記載等をお忘…

  4. 平成30年(2018年)確定申告の注意点5 忘れていませんか、その所得…

  5. 平成30年(2018年)確定申告 ご相談受付中

  6. 平成30年(2018年)確定申告 国税庁の確定申告特集ページ