平成30年(2018年)確定申告の注意点2 スマホ×確定申告 スマート申告始まります

いよいよ平成30年分の確定申告が始まります。
今回の確定申告の注意点となるところを数日にわたりご紹介いたします。

スマホ x 確定申告  スマート申告始まります!

  1. スマートフォンでも申告書を作成
  2. 必要項目を入力すれば税金を自動計算
  3. 申告書の提出は自宅からe-Taxで送信

出典:国税庁

〇確定申告書は、国税庁ホームページ確定申告書等作成コーナーを利用して自宅で作成できます。
画面の案内に従って、必要な項目を入力すれば、税金を自動的に計算でき、計算誤りの心配もありませんので、ぜひご利用ください。

確定申告書等作成コーナーは、スマートフォンでも操作ができますので、時間や場所を気にする必要がありません。
 特にサラリーマンの方の還付申告については、スマートフォンに適したデザインの専用画面を提供しています。
(操作方法はこちらのリンク先の3ページ目をご覧ください)
 ※専用画面は、年末調整済みの給与所得者(1カ所からの支払いのみ)で医療費控除やふるさと納税などの寄付金控除を適用して還付申告をする方がご利用いただけます。

〇作成した申告書は、e-Taxで送信(電子申告)すれば、税務署に行くことなく申告手続きを完了できます。
 e-Taxで送信(電子申告)する場合、源泉徴収票や保険料控除証明書などの添付書類を提出頂く必要はありません(注)し、還付金も早く受け取ることができるといったメリットがあります。
(注)住宅ローン控除関係書類など一定の書類については提出が必要です。
  なお、提出を省略した添付書類は、法定申告期限から5年間、税務署からの書類提出または提示を求められることがあります。

〇e-Taxの送信方式は、「マイナンバーカード方式」と「ID・パスワード方式」から選択できるようになりました。
ご用意いただくものは次の通りです。

マイナンバーカード方式
●マイナンバーカード
●ICカードリーダライタ(マイナンバーカードの電子証明書を読み取るための機器)
ID・パスワード方式
「ID・パスワード方式の届出完了通知」に記載されたe-Tax用の
●ID(利用者識別番号)
●パスワード(暗証番号)

※ID・パスワード方式は暫定的な方式であるため、お早めにマイナンバーカードの取得をお願いします。

〇スマートフォンでもID・パスワード方式を利用してe-Taxで送信(電子申告)することができます。

〇平成30年1月以降、確定申告会場にお越しになられた方で、既にID・パスワード方式の届出を提出された方は、「ID・パスワード方式の 届出完了通知」が申告書の控えと一緒につづられている場合がありますので、ご確認ください。

e-Taxをご利用になれない方は、申告書をプリンタ(注)で印刷し、税務署へ郵送してください。
確定申告書等作成コーナーで申告書を作成すれば、税務署の所在地も自動的に印刷されますので便利です。
(注)コンビニエンスストア等のプリントサービス(有料)をご利用いただくことも可能です。


いかがでしたでしょうか?
ご不明な点や申告で心配事がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

関連記事

  1. 平成30年(2018年)確定申告の注意点3 マイナンバーの記載等をお忘…

  2. 平成30年(2018年)確定申告の注意点1 配偶者(特別)控除が変わり…

  3. 平成30年(2018年)確定申告 ご相談受付中

  4. 平成30年(2018年)確定申告の注意点4 医療費控除について

  5. 平成30年(2018年)確定申告の注意点5 忘れていませんか、その所得…

  6. 平成30年(2018年)確定申告 国税庁の確定申告特集ページ